本文へスキップ

カッティングシート・インクジェットシート・切文字などを製作する大阪の看板屋です

お問合せ先 TEL.06-6471-2977

〒555-0001 大阪府大阪市西淀川区佃2-5-33

メールでお気軽にお問合せ下さい

ラベルステッカーの貼り方

水を使った貼り方をご紹介します。はじめての方におすすめです。


きれいに仕上げるためにまずチェック

  • 施工部分に油膜やコーティングがないか
  • 濡れてはいけないものが周囲にないか
  • おだやかな天候か(屋外)
  • 作業台にゴミやホコリがないか
  • 毛羽がでにくい服で長袖は折ってるか
  • 手は洗い立てできれいか
  • 内貼りは指紋汚れが目立つので特にご注意下さい

  • 道具の確認

    必要なもの 霧吹き(中身は水200mlにつき中性洗剤2滴)中性洗剤 きれいなタオルスキージー カッター

    必要なもの

    霧吹き・水・台所用中性洗剤

    水200mlにつき洗剤2滴
    洗剤は多く入れると乾きが悪くなるので作業がしづらければ少しずつ足します

    きれいなタオル

    水滴を拭き取ります
    コストコに売っている「カーショップタオル」がおすすめです

    スキージー

    位置決めしたシートをこすって水や空気を追い出します
    当店で200円で販売しております
    5,000円以上カッティングシートをご注文の方にはプレゼントしております

    カッター

    シートに閉じ込められた気泡をつぶします
    細かい修正にも使えます

    あると便利なもの はさみ
    ものさし
    マスキングテープ 巻尺スーパーかせんペン
    ワイパーヒートガン
    スクレーパー プチプチ(エアパッキン)

    あると便利なもの

    はさみ

    シートが大きく貼りづらいときに分割します

    ものさし・マスキングテープ・巻尺

    貼る位置を決めるために使います

    スーパーかせんペン

    ガラスやアクリルに書けるペンです
    ペイント薄め液でかんたんに消せます

    ワイパー

    ガラス掃除や水切りに使います

    ヒートガン(なければドライヤー)

    糊についた水分を乾かし早く仕上げます
    熱しすぎると変形するのでご注意ください

    スクレーパー

    ガラスなどについた頑固な汚れをこそげとります
    下地によっては傷つくのでご注意ください

    プチプチ(エアパッキン)

    地面のホコリから守ったり床の水濡れ対策に使います





    貼るための準備

    霧吹きを準備します 霧吹きを準備します

    霧吹きを準備します

    早くまんべんなく吹けるように噴射具合をチェックします
    調整ができたらポンピングして圧をしっかりかけておきます

    しぼりすぎ

    細かい霧になって作業がおそくなります

    ゆるめすぎ

    水鉄砲のような一点集中で水が出ます
    左写真の作業中にシートを吹き飛ばしてしまいます

    下地を掃除します 下地を掃除します

    下地を掃除します

    洗剤水やペイント薄め液で汚れを落とします
    素手で軽くさわって異物がないか確認します
    毛羽があれば払うかテープで取り除きます

    貼る位置を確認して印をつけます 貼る位置を確認して印をつけます

    貼る位置を確認して印をつけます

    メジャーではかり、マスキングテープにペンで書き込んだりしてブロックを作ります




    シートを台紙からはがすまで

    商品を確認します 商品を確認します

    商品を確認します

    ・ 台紙
    ・ ステッカー
    の2層になっています

    霧吹きは近くに置いておきます

    台紙を慎重に剥がします 台紙を慎重に剥がします

    台紙を慎重に剥がします

    台紙が上になるように置き、シートを濡れた手でささえながらゆっくり台紙を引っ張ります
    終盤は勢いでシートが跳ね上がって糊同士がくっついてしまうことがあるので特にゆっくり剥がしてください

    台紙は後で使うので捨てないで下さい




    貼り付け

    シートの糊面をしっかり濡らします シートの糊面をしっかり濡らします

    シートの糊面をしっかり濡らします

    台紙からはがしたシートにゴミや虫がつかないうちに、すぐ霧吹きで水をふきかけます

    下地をしっかり濡らします 下地をしっかり濡らします

    下地をしっかり濡らします

    マスキングテープをめがけて噴射するとテープが剥がれることがあるのでご注意ください

    シートをふんわりと貼ります シートをふんわりと貼ります

    シートをふんわりと貼ります

    乾かないうちに位置を確認します
    夏場はすぐにシートの粘着力が復活して貼りついてくるので、こまめに水を追加してください

    スキージーで水を追い出します スキージーで水を追い出します

    スキージーで水を追い出します

    力まかせにこするとシートがずれるのでまず弱めに圧着させます
    進行方向に対して写真のようにスキージーを寝かせながら力を入れて移動させます

    基本は中央から外側に水を追い出しますが、状況により変えてください

    乾くまで待ちます 乾くまで待ちます

    乾くまで待ちます

    季節や下地によって粘着力の復活時間が違います
    冬場のガラスはそのままではなかなか乾きません

    ヒートガンで時間短縮することができます
    ・ 写真のように遠くから暖める
    ・ 半分ずつ剥がしてシートに風をあてて乾かす




    仕上げ

    気泡のつぶしかた 気泡のつぶしかた

    気泡のつぶしかた

    新しいカッター刃先でふくらみの端に小さく穴をあけます
    遠くから穴に向かって指で水を押し出します

    1mm程度の細かな水泡は1日たつと乾燥して消えることが多いです
    時間のある方はしばらく様子を見てください

    完成です! 完成です!

    完成です!

    水滴をやさしく押さえながら拭き取れば完成です




    古いシートの剥がし方

    1)古いシートにドライヤーをあてて指でシールをつまんで剥がします。
     熱をくわえることで糊がやわらかく剥がしやすくなります。

    2)ペイント薄め液をかけながらスクレーパーでこそげ取ります。
     ガラス以外は1)がおすすめです。
     小さい文字や細い模様はスクレーパーが簡単です。

    3)糊のこりはペイント薄め液を含ませたウエスなどでゴシゴシ拭き取ります。

    なぜ薄い洗剤水を使うか

    カッティングシートを貼るときにふつうの水だと乾きが早いので、洗剤を入れることで水の表面張力が弱まり糊面を広くカバーしてくれます。

    なぜ薄い洗剤水を使うか

    表面張力を弱らせるのが目的なので洗剤は少なめを心がけてください。
    ブクブクとあわ立っていたりスプレーの出が悪いと洗剤を入れすぎている可能性がございます。

    施工でわからない点がありましたらお気軽にご連絡ください!