本文へスキップ

カッティングシート・インクジェットシート・切文字などを製作する大阪の看板屋です

お問合せ先 TEL.06-6471-2977

〒555-0001 大阪府大阪市西淀川区佃2-5-33

メールでお気軽にお問合せ下さい

自作データをご用意される方へ

これからカッティングシートや各種看板の表示部分をデザインされる方へAdobe Illustratorを例にデータ作りのご案内をさせて頂きます


製作において設備には限界やクセがあります。
製品をより良く仕上げたり製作不可能なデザインにしないために少々コツがございます。
ポイントをピックアップしてみましたので目次から該当する項目をご覧ください。

すべての方へ(必ずお読みください)

  • ファイルはCMYKモードに設定してください
  • RGBモードはモニター上でしか表現できない色味がございます。
    特にインクジェット出力での製作をお考えの方はCMYKモードになっているかご確認ください。

  • 保存バージョンは最新で大丈夫です
  • こちらはイラストレータ最新版を使用しておりますので、最新バージョンのファイルで大丈夫です。

  • デザインはなるべく原寸サイズでお作りください
  • 単位をmmに設定してからデザインしてください。
    原寸サイズで作るのが難しい場合はタテヨコ希望サイズをお見積時にご記入ください。

  • 文字をアウトラインしたファイルをご用意ください
  • アウトライン化をしていない文字デザインは当店で代替フォントが表示されることがあります。

    アウトライン化をしていない文字を入稿するとフォント化けすることがあります

    データの用意とアウトライン化する方法

    1.ファイルを複製(別名保存)して元データの上書きを防止します

    2.複製したファイルを使って文字をアウトライン化します
    複製したファイルを使って文字をアウトライン化する
    ↓文字がアウトライン化された↓
    文字がアウトライン化された

    3.上書き保存をします


カッティングシート・単色シートの切文字

  • カッティングデータ作りに役立つaiファイルがございます
  • こちらからダウンロード(1.8MB)

  • 小さくお作りするには限界があります
  • 限界をこえると製作ができなかったり、施工後にすぐ剥がれたりして扱いが非常に難しくなります。

    限界を超えた小さい文字

  • 最小サイズ
  • 模様の細さは1mmかつ空間(カス取り部分)の細さは0.5mm

    模様は1mm以上、空間は0.5mm以上
    上記を満たせなくてもお作りできる場合はありますが、失敗のリスクが大幅に上がるのでおすすめしておりません。

    濁点・半濁点がある場合

    少しでも大きくしたり文字と合体させると良いです。
    濁点・半濁点は大きくしたり文字とくっつける

  • とんがり模様はできれば丸めるのがベター
  • とんがっていると爪を立てるとめくれるのでいたずらされやすい上に掃除にも気を使います。
    半径1mm以上丸めておくことで長持ちします。
    とんがり模様は丸めておく

  • アンダーラインや表の線幅は太めが安心です
  • 細い線はスッキリしたデザインになりますがカッティングシートにおいては難易度高めのデザインとなります。

    というのも細長いデザインは塩ビシートで作るにあたって伸びて変形しやすく、一度変形するともとのまっすぐな線には戻せないからです。
    当店ではなるべくガイド部分を作って変形を防いでおりますが、施工後も人がふれるとすぐに歪みます。
    少しでも長く使っていただきたいので細い線を使ったデザインはあまりおすすめしておりません。
    おすすめの線幅は【2mm以上】です。


インクジェットシートの輪郭カット

  • 素材が厚めなので最小カッティングの限界を考慮したデザインが必要です
  • 印刷したシートの上からUVラミネート(傷や紫外線防止)を貼るので厚めの仕上がりになります。

    カットできる最小限界サイズ

    模様の太さ2mm、空間の太さ2mm
    ご心配であればチェックできますのでお気軽にご入稿ください

  • フチ文字のフチの太さは最低2mm以上でお願いします
  • いったん印刷したシートを外して、UVラミネートをかけてからカットマシンに乗せます。
    設備から外してもズレのない仕上がりにするためにテストカットを何度かいたします。
    あまり模様とフチが接近していると微調整に時間を要します。

    よって、当店で無理なくカットできるフチの仕様として以下2点を設定させて頂いております。どちらも満たさないと価格が上がってしまうのでご注意願います。

    ・2mm以上

    ・長いほうのサイズの1%以上

    白フチは2mm以上かつ長いほうのサイズの1%以上

  • カットする線はわかりやすくしておいて下さい
  • 方法はわかりやすければ何でもOKです
    ・カット線をグループ化する。
    ・カット線用のレイヤーを作る。
    ・デザイン上にない色でカット線を作る。
    ・細めの線幅に設定し、注釈をつける。 など

    フチの塗り足しは1mm以上あればOKです
    塗り足しは1mm以上

  • とりあえず不完全なデータでも大丈夫です!
  • 専門的な仕上げはこちらでいたします。
    不完全かなと思うようなデータもお客様のご希望の見た目になっているのであればお気軽にご入稿下さい


インクジェット出力する写真やイラスト

  • なるべく鮮明な画像をお使い下さい
  • 下の画像をシート出力した場合、どちらも金額は同じです。
    せっかくなので高画質の画像をチョイスされることをおすすめします。

    なるべくきれいな画像をおすすめします

  • 製作サイズに見合う画像をご用意ください
  • 画面上ではきれいに見えても極端に引き伸ばすと粗くなります。

    画像は極端に引き伸ばすと粗くなります

    ご自身で画像をズームして確認する方法もありますが、ご心配であればどの程度まで粗くなるか当店でチェックいたします。

    チェック方法

    画像、画像の希望サイズを【メール】に添えてください。
    件名は変えないでください。匿名で結構です。
    イメージ図付きでご返信させて頂きます。


アクリルの切文字(レーザーカット)

レーザーで文字を溶かしながらきれいに切るためには、データ作りにおいてポイントがいくつかあります
事前に知っていればスムーズなデザイン作りが可能になります。
順番が違うと二度手間になってしまうので下記の流れをご確認下さい。

  • 1.小さいパーツのサイズを確認します
  • レーザーマシンの台座はアルミ網目になっており、その目は7mm角です。
    7mm角以下のパーツは網目に落ちてなくなってしまうことが多いので8mm角以上にして頂けると助かります。
    デザイン上難しい場合であれば許せる範囲で結構です。
    ただあまり小さいと接着が不安定になるので耐久面でも8mm以上が理想かと存じます。

  • 2.ちょっと細めに仕上がるので太くしておきます
  • レーザー照射ではアクリル文字は0.2mm細く仕上がります。
    そのためにデータを0.2mm太らせておきます。 その際にパーツ同士がくっついてしまう場合があるので、空間をよく確認してから太らせます。

  • 3.つぎに鋭角の部分は丸めます
  • 厚みにもよりますが30度未満の鋭い部分は先端部分の照射時間が長くなり、アクリルの癒着が生じます。
    仕上がりが悪くなるのでデータの段階で対策します!
    半径0.7mm以上に角を丸めておくことできれいに切れます。

    アクリルデータは鋭角の部分を丸くします


完全データ作成が難しいという方は当店にお任せください

パスのアウトライン化やパスファインダは慣れていないと難しいです。
お客様はとにかく見た目さえ完成したら送って頂いて結構です。
上記の専門的なデータ仕上げはサービスでしておりますのでご安心下さい。
ご参考までに見た目だけ完成しているデータの例です

  • カッティングシートなどのデータはアウトラインが交差していてもOKです
  • 本来はこのままカッティング作業に入ると右図のようにバラバラになります。
    交差したアウトラインはバラバラになる?

    当店では交差したデータを無料で手直しします。
    交差したアウトラインを適切に加工します

                   

    逆にバラバラにさせたい方は必ずその旨をご明記ください。



  • 線のデータがそのままでもOKです
  • 線種によってアウトライン化が難しいものがあります。
    当店でアウトライン化や塗り足しをするので大丈夫です。

    線種をアウトラインしていないここまでできていれば大丈夫!

    線種をアウトライン化こちらでアウトライン化いたします


    自分でデザインしたものが形になるのはとても楽しいのでぜひみなさんもチャレンジしてみてください。
    デザインソフトの具体的な操作方法についてはお答えできかねますのでなにとぞご了承下さい。

Illustrator以外のレイアウトデータ(Word、Excelなど)も送ってみてください

  • アウトラインデータとして扱える場合があります
  • word、Excelの図形・クリップアート・表組みはある程度互換性があります。
    一からこちらでレイアウトするよりデータ制作費が安くなることがございます。

  • デザインはなるべく原寸サイズで作るか、サイズを明記してください
  • ルーラー単位をmmに設定するとデザインしやすいです。
    原寸サイズ製作が難しい場合はタテヨコのサイズをお見積時にご記入ください。